今年は凍結が多いです。

札幌は2/3まで、11日連続で真冬日でした。

ということは、この期間、水道凍結の連絡が、多く入りました。今シーズンはドカ雪も少なく、スポット排雪もはとんどないのと、雪庇もほとんどできていません。凍結だけが、例年を上回るペースとなっています。物件によっては、下階が車庫になっており、車庫内に水抜き栓がある場合、入居者になかなか連絡がつかなく、時間がかかるケースもあります。また、この期間の凍結は、もちろん、当社だけではないので、業者もパンク状態で、何とか無理を言って対応してもらっています。今のところ大きなトラブルもなく、動いてもらっている業者さんには感謝ですね。

C20180108212001911.jpg

C20180108212001913.jpg        車庫内、室内と解氷機を使い解氷します。

C20180108212001914.jpg       水が出て完了です。

このお部屋は、水落しをぜずに外出したそうです。

現在、当社で利用しているコールセンターには、北海道よりも関東や北陸からの凍結による連絡が多いようです。その中には、空室部屋の水落しをしない管理会社も多いようで、壊滅的なお部屋もあるようです。入居者の水落しへの知識も、ほとんどないようで、今年は北海道のほうが幾分マシなようです。

まだまだ、凍結はあると思いますが、今後も動きよく、この寒い時期を乗り切りたいと思います!!



札幌での賃貸管理、不動産管理、不動産投資、資産運用ならお任せください。
コンサルティングボックスが不動産の新しいカタチをお届けします。

■株式会社 コンサルティングボックス
https://www.consultingbox.co.jp

« 鬼は外~♪福は内~~♪♪一覧シェアハウスは採算が合うのか? »