2021.10.20AM事業部

売買物件の内覧に行きました!

皆さんこんにちは!中島です!
急にとても寒くなりましたね!ストーブは点けましたでしょうか?私はもうファンヒーターとお友達です!
入居者様からのストーブが点火しない、異音がするというお問い合わせ増えています!まだ寒さ我慢できる...!という方も早めのストーブ点検よろしくお願い致します(^^)

さて、先日弊社の遠方にお住まいの管理オーナー様より購入したい物件の内覧をしてきてほしいと依頼を受けて、築40年ほどのテラスハウスの内覧に行ってきました!
いつも管理目線でお部屋を見ているので、購入の際に確認する事項の確認が心もとなかったので、岩見・奥野チームに着いてきてもらいました!

物件は古かったので、あの管理物件に似ているなあ...と築年数を噛み締めていた以外は、屋根裏を見つけてちょっとテンション上がったりとか、意外と中きれいにしている!とか概ね元気に内覧していたのですが、空室期間が1年ということで念の為通水確認してみましょう!と水栓開けたところ!

【月寒東4-10テラスハウス】台所凍結破管1.jpgどんどん水出てくる~~!これは凍結破管~~!!

【月寒東4-10テラスハウス】台所凍結破管3.jpgもう下からも出てきます。最初に仲介さんに確認した時現状で引き渡しでって言ってたような...もし購入できて管理契約になったら修繕手配するの?被害広がったら嫌だし、怖いからすぐ直してほしいです...と色々駆け巡りました...笑

普段管理をやっている身としては、水道管の問題なので所有者さんの火災保険で直してください!という気持ちしかなかったのですが、売買にはそういう気持ちが関係ないことがあるようで、凍結破管の漏水修繕は売主さんの保険で修繕してくれるのか確認してもらっている間に、水道管が壊れていても現状渡しで大丈夫!満額買付!!という方が契約をさらっていきました...

確かに買ってから自分で好きなように直せる自由があるし、それを直してもおつりがくる利回りだったのでしょうか...ちょっと私にはまだ分からない世界でした......
売買奥深いです......

普段と違う目線でお部屋見るのも勉強になりました!また機会があれば、内覧行きたいなーと思いました!出来れば凍結破管の心配がないところへ行きたいです!
ご依頼があれば物件内覧して室内修繕の状況や修繕箇所のアドバイス等行うこと出来ますので、お気軽にご相談くださいね!



札幌での賃貸管理、不動産管理、不動産投資、資産運用ならお任せください。
コンサルティングボックスが不動産の新しいカタチをお届けします。

■株式会社 コンサルティングボックス
https://www.consultingbox.co.jp

一覧リーシング業務についてのご紹介 ~計数報... »