2020.09.09PM事業部

保証会社利用を増やしていますよ~!

皆様こんにちは!中島です(・∀・)
本日も暑いですね!今年の夏はほぼ毎日ポカリを買っていました!
来年は粉で買おうと思います。

最近民法改正で賃貸借契約書の連帯保証人欄に極度額が増えましたね。だいぶ時が経ちましたのでご存じの方も多いかと思います。
極度額とは、万が一契約時になにかあった場合に連帯保証人さんが支払うお金をここまでと決めるものです。弊社では最大家賃の24ヶ月分までを負担してくださいという契約書にしています!

soudan_setsumei_business_young.png

でも、稀にですがビッグな滞納してしまったりで、夜逃げしちゃったり、盛大に汚していったりしたお部屋って家賃24ヶ月分じゃまったく賄えないことがあるんですよね。

そんなときこそー!保証会社~!!

ちなみに保証会社必須にした場合のメリットとしては、
①万が一の滞納の場合、保証会社から家賃が入る
②滞納による立ち退き訴訟・明け渡しは保証会社が行ってくれる場合がある

です。
ちなみに保証会社必須とすることで問い合わせが激減するということは特にはないです。
滞納時の保証会社が頼りになるんですよね、プランや会社にもよりますが訴訟やお部屋の明け渡し、原状回復費用の支払いまで行ってくださる会社もあります。
先日のビッグな滞納の際はあー加入してもらっとけばよかった...としんみりしました。

デメリットとしたら、保証料の分少しお家賃が高く見えてしまうというところでしょうか...
安心をお金で買えるので私としては払おうぜ!くらいな気持ちなのですが、予算オーバーしてしまう側面もあります...
でも最近は保証会社契約必須とする所が増えていて仲介会社さんもわかって案内をしていますので、すんなり納得してもらえています。

あとは番外編としては給付金もらう時の申請書作成時くらいでしょうか...
保証会社使用すると保証会社へ家賃を支払うことになりますので、「管理会社と支払先が違うから書類作成し直して!と言われました...」案件が何件かありました。

でもそれくらいです。

というわけで、最近では申込みをしてもらうときに保証会社必須とするお部屋を増やしています。


もちろん臨機応変に対応してほしいお部屋もあるかと思うので、オーナー様と相談しながら募集していますよ!保証会社についてなにかご不明点ありましたらお聞きくださいね!



札幌での賃貸管理、不動産管理、不動産投資、資産運用ならお任せください。
コンサルティングボックスが不動産の新しいカタチをお届けします。

■株式会社 コンサルティングボックス
https://www.consultingbox.co.jp

一覧見守りサービス利用しています! »