駐車場のアレンジ~実績編~

きっかけは、入居者から「駐車位置を変更したい」という申し出でした。しかし、その要望を叶えると、駐車可能台数が減ることになり、再配置を迫られました。・・・・・しかも、募集中だった2部屋にお申し込みがあり、そのうち1部屋をお申し込みの方は、2台利用を希望していたのです。

アレンジ前の配置図がこちらです。
2018-06-24 16.03.37.pngこの配置だと、次のような問題がありました。
1,6番および7番をこのように使うには、車幅の関係上軽自動車限定になる
2,1番~5番は、斜めに駐車するようになっており、利用者からは「駐車しにくい」と不評で、またこのスペースに5台は小型車限定にしないと、難しい状況
3,空きが2台しかなく、申込みに応えられない

斜め駐車って、しにくいんですよね。
いろいろ、調査と検証を重ねた結果、

1,これまで駐車スペースとしていなかった場所に、2台分増やせることが判明した
2,1により、1番~5番を1台減らし、1番から4番と変更しても、アレンジ前に比べ1台増えることになった

となり、
切り返すスペースが少々足りなくても、隣との余裕があれば、それだけ鋭角に入出庫ができるのでは?と仮説を立て、自分の車で検証してみた結果、入出庫ができました。
その後、いつもの作業を経てできた、
新しい配置図がこちら
2018-06-24 16.01.42.png1番~4番は、1台あたり約3,000mmの幅を確保することができ、車種を選びません。
7番は、長さのある車種にも対応でき、幅も2,000mm取れました。
12番は、これまでも、不法に駐車されたりしていた場所でしたが、軽自動車なら枠内に納まることがわかりました。
5番と6番は、奥行きがないため、小型車限定に設定しました。

ラインもカオス状態だったので、オーナーに引き直しを了承していただき・・・

20180624.jpgこのようになりました。
これで、新規申し込みの方も無事に受け入れることができ、現時点では既存入居者からも、クレームが来ていません。
このアレンジは、これまでで最も悩みましたが、問題解決することができたと思います!



札幌での賃貸管理、不動産管理、不動産投資、資産運用ならお任せください。
コンサルティングボックスが不動産の新しいカタチをお届けします。

■株式会社 コンサルティングボックス
https://www.consultingbox.co.jp

« 賃貸物件のご紹介♪【ウイング桂木】一覧■収益物件■区分マンション■実質利回り7... »