2021.03.31PM事業部

「私の仕事」-内装確認①

皆様こんにちは!中島です(-w-)春はあけぼのですね
私は瞼が重たいです...あたたかくて良い季節になってきましたね!

さて、業務紹介ブログです。ブログで何度か業務紹介をしていますが、シリーズ化してほしいと天の声がありましたのでシーズン1です!今回は1月から3月までずーっとやっていた内装確認についてです!熱い気持ちが止まらないですね!!

弊社では、お部屋の退去立会いを業者へ委託しておりその業者で原状回復の見積も作成してもらっています。
AMS.jpg写真のように見積を出してくれるので、これを元にして退去後の内装確認へ行きます。業者が気になったところやどういう施工をするのかを備考欄に書いておいてくれるので助かります。
見積は気になったところやクロスCFは全て見積してくれるように依頼をしているので、この中から不要なものを削除したり追加したいものを確認するのが私のお仕事です~

追加見積は気になったところを追加見積してもらってオーナー報告するだけなのでいいのですが、削除が難しいです!!クロスやCFはひどく劣化していなければ貼替えではなく、貼替えより安価な洗浄で済ませるのですが、洗浄しても落ちないという汚れが頻繁に出てくるので匙加減が難しいです...!特に換気口周りの黒ずみや、家具の擦れた跡など洗浄で取れる?取れない...?すわ貼替えか!!と一人ぶつぶつ呟いています笑

洗浄でうまくいけばガッツポーズなのですが、たまにこすっても落ちませんでしたということもあるので貼替えればよかったなー...ということも......
汚れているから貼り替えてほしい!ここ直してほしい!!と後のクレームに繋がることもあるので、気になったところは全て貼替えてしまいたくなりますね。予算の都合もあると思いますし、なんでも直すときりがないので本当悩みながらやっています。
CF004733-E98D-4EF0-99D9-DBD07502D4B0.jpeg
これは実際の見積に書き込んでいるメモの一部なのですが、(これはやたら追加見積が多くなってしまったとあるアパートですね)こんな風に施工を行う箇所は○、見積削除箇所は✕をつけてチェックしています。このメモにはないですが、入居者請求箇所と思った項目があれば「請求」と書いておいて解約精算書を作成する際に参考にします。意外とメモ書きが大事で、施工箇所が多くなればなるほど何があったか忘れてしまうので「請求」は忘れずにメモを取っています。

あと写真が大事です!

写真は大事なんですが長くなったので次回に続きます!



札幌での賃貸管理、不動産管理、不動産投資、資産運用ならお任せください。
コンサルティングボックスが不動産の新しいカタチをお届けします。

■株式会社 コンサルティングボックス
https://www.consultingbox.co.jp

一覧ファイン富丘が満室になりましたよ!!! »